リボ払いには気を付けよう

タイトル通りです。リボ払いにすると毎の支払い額を一定にできて家計管理が容易になったり、通常よりポイントが多く貯まるようなサービスがあったりと一見すると魅力的に映ります。はっきり言います。これはクレジットカード会社が仕掛けた罠なので気を付けましょう。ここで実際に私がリボ払いになってしまったので、リボ払いがいかに損かを自身の経験談からお話ししたいと思います。その前に私がなぜリボ払いを利用したのかのその経緯をお話ししたいと思います。私は自身のスキルアップのためにプログラミングスクールに通うことを決心し、その40万円という高額な授業料をクレジットカードで使用して支払うことにしました。しかし、クレジットカードを使うのが初めてだったこともあり、うっかりして分割払いにするのを忘れてしまったのです。支払日が過ぎてから気づきましたが、当然一括では支払うことができません。急いでカード会社に電話をし、どうすればいいのかと解決策を伺った結果、リボ払いになってしまったのです。実際にリボ払いとなり、カード会社が奨めてくるのだから大丈夫だろうと容易に考えていましたが、支払日の内訳を見た時に驚愕しました。何に驚愕したのかというとその手数料の高さです。リボ払いにした翌月には2万円が自動引き落としされたのですが、なんと手数料に1万円も引かれていたのです。驚愕しました。もちろん手数料の1万円はカード会社に行くわけですからプログラミング費用は1万円しか振り込まれておりません。どうりでカード会社がリボ払いを奨めるわけだなとよくわかりました。こんなの圧倒的に儲かるに決まっています。今もなお高額な手数料に苦しめられています。とは言え良い勉強になりました。おかげで、甘い誘いには必ず裏があると考えることができるようになりました。今後は気を付けたいと思います。