クレジットカードを即日発行するために知っておきたいこと

突然の海外出張など、急にクレジットカードが必要になる場合があります。
クレジットカードの発行は、一般的に数日、会社によっては数週間かかることもあります。ところが、即日発行に対応しているカードもあります。これらのカードであれば、申し込んだその日にカードの受取が可能になります。土日でも受け取ることができるサービスもあります。
急にクレジットカードが必要になった場合、ご参考にしていた頂ければ幸いです。

クレジットカードは審査をはじめ色々と手続きが必要なため、即日発行サービスを実施しているカードはまだ多くないのが実情です。しかし、IT化の流れや顧客サービスの充実から即日発行に対応するカードも増えています。
即日発行でも、通常のクレジットカードと異なるところはありません。国際ブランドと提携しており、世界中で使用可能なカードもあります。
また、カード会員特典の多いカード、ポイントの貯まるカードなどなど、発行されるカードは様々。自分に必要なサービスに併せて選びましょう。
カードの解説は検索すればすぐに分かります。じっくり比較してください。

即日発行のメリットは、カードがその場で受け取れるということです。郵送での受取の場合、書留郵便で届くのが一般的です。書留郵便は受取の時に本人確認が行われ、署名や押印が求められます。一人暮らしの方や、留守がちの方には受取にも一苦労です。
即日発行の場合、多くは発行の時に本人確認を行い、そのまま受け取るため、郵送の手間が省ける点が大きいのです。
だお、即日発行を謳っていても、受取は郵送というカードもあるので注意が必要です。

即日発行のカードといえども、審査は厳正に行われています。きちんと手続きを踏まなければ即日発行のサービスを享受する事はできません。即日発行を受けるための流れについて解説します。
カード発行会社により多少異なるところはありますが、即日発行の流れは概ね次の通りです。
1、ネット申し込む
2、カード発行前の審査
3、カードの受取り

1、ネットで申し込む
事前にネットで申し込みます。この時に受け取りが可能な指定場所を選びます。申し込み後、指定場所へ向かいます。
店頭で申し込むこともできますが、時間的に余裕があればネットで申し込むことをお勧めします。店頭へ向か時間にも審査が進んでいることが多いので、到着後の待ち時間を有効に利用できます。

2、カード発行前の審査
即日発行のカードといえども、審査は厳正に行われます。審査基準は発行会社によりますので、詳細は不明ですが、「多重債務者」や「短期間に複数のカードの申し込みのある人」、「事故履歴のある人」は申し込みを控えた方が賢明でしょう。カードの審査落ちは信用情報として登録され、さらにカードの審査が通りにくくなるといわれています。
信用審査以前に、記入漏れや記入ミスで審査が通らないということも、案外とあります。申込書は慎重に記入して、確認してから出しましょう。

審査に掛る時間は、会社によってまちまちでしょう。午前中に申し込めば、ほぼ即日で発行されます。15時まででも即日発行は可能です。15時以降の申し込みは微妙になってきます。どうしても即日に必要であれば早い時間に申し込むにこしたことはありませんが、15時以降に申し込まなければならないときは、発行会社に確認することをお勧めします。

3、カードの受取り
審査に通った場合、いよいよカードが発行されます。発行されたカード予め指定された場所で受取ます。通常は、発行会社の店頭で行われます。受取には本人確認のため、身分証明書が必要になります。マイナンバーカードや運転免許証などを用意しておきます。
振込口座確認のため、金融機関の通帳と届出印も持参しましょう。
場合によっては収入証明書の提示を求められる場合もあります。事前に案内があった場合は用意しておいた方が確かでしょう。収入証明書に関しては必要であれば事前に案内があるので心配は不要です。一般的には源泉徴収票や給与明細書、確定申告書の控などが該当します。
受取場所で所定の手続きをおえれば、カードを受け取ることができます。
受取場所も発行会社により異なります。深夜や早朝の受取にも対応している会社もあります。受取場所も確認しましょう。

ザックリと手続きの流れを見てきました。即日発行に対応しているカードの多くは、郵送ではなく、店頭などで受け取る事になります。土日だけでなく早朝深夜も対応している窓口がある会社もあります。即日発行サービスは、急にカードが入用になった場合に心強い味方になってくれます。
審査もきっちりと行われますので、安心して利用できます。
正しく利用して、快適生活の一助にしてください。

より、詳細な情報を知りたい方は、最短即日発行でおすすめのクレジットカード17選!即日受け取りの方法、作り方も伝授 – クレジットカードIXを参照してください。